カレー探訪、第144弾です。

DSC01373

スポンサーリンク

週イチ営業スタイル

今回訪れたのは、大阪市にある
『CurryFornication』さんです。

最寄り駅は心斎橋駅。
そこから徒歩5分程で
辿り着きます。

こちらの店は雑居ビル5Fの
バーanonymousさんにて、
昼間に営業されています。

DSC01386 DSC01384

団体での入店はご遠慮ください、とのこと。

DSC01382

いやなことを“いや”ときっちり
伝えてくれるお店は好感を持てます。

しかも、営業日は月曜日。一日です。

定休日ではなく、営業日が週イチです。

この時点でめちゃくちゃハードルが高い。

そして、事前予約で売り切れることもある
とても人気のお店です。

なんとかスケジュールを合わせて
訪れることができました。

さて、この日のメニューですが

DSC01381

この一択です。

持ち帰りはたしか猪肉だったような。。。

冷製たこのカリーとか
めちゃくちゃ興味ありますし、
迷わずgoです。

蓮の葉に巻かれた独創的スタイル

5分ほどで着皿です。

キャッシュオンで
先に会計を済ませます。

さて、その見た目に
ちょっと圧倒されます。

だって、これですよ。

DSC01362

「ほほう」と小さく
呟くことくらいしかできません。

とりあえず、周囲を囲むカレーたちを
チェックしていきます。

▼冷静たこのカリー

DSC01364

▼さわらのミリスマール

DSC01365

▼Wパクチーとホタテ

DSC01366

で、肝心の蓮の葉にくるまれた
中心部に取りかかります。

DSC01368

スポンサーリンク

開くと中から、
ぎゅぎゅっと詰まった
ごはんたちが登場です。

DSC01369

色とりどりの副菜が登場し、
カウンターが明るくなります。

DSC01373

あとはそれぞれを味わいつつ、
途中からはやっぱり混ぜて味わうべし。

DSC01377 DSC01379

個々のカレー、副菜もとても
美味しかったですが、
やはりすべてを混ぜて食べると
そのバランスの妙に感心します。

見た目のインパクトからして
パフォーマンス重視かと思いきや、
味もバッチリの素晴らしい一皿でした。

月曜日のみというハードルを乗り越えたその先に
すばらしいスリランカプレートが待っています。

DSC01380

*************************************************************

【編集後記】
夏旅最終日は長野県蓼科から。
昨日宿泊したレジーナホテル河口湖は
けっこう古い建物で共用スペースは
その古さを感じざるをえませんでした。

が、今回宿泊したキッズルームは
(たった1室しかありませんが)
最近リフォームされたらしく
とてもキレイ、かつ、フラット。
玩具もあり、風呂トイレも
子どもが使いやすい設計で、
子連れにはめちゃくちゃ快適でした。
そして、スタッフさんの接客も
素晴らしく、また利用したいと
思えるホテルでした。

記事にしたかったのですが、
到着時にテンションが上がって
はしゃいでる息子たちを見たときに
「今から部屋の写真撮るから
ちょっと待ってて」とは言えず、
そのまま遊んでいるうちに
写真が撮れないほどに。。。
ということで、記事にできなく
なったので、こちらで紹介。

最終日、朝の蓼科は霧雨。
なんとか午前中だけでも
天気もってくれないかな。
北八ヶ岳ロープウェイで
2200メートルまで登り、
付近を散策してから
姫路に帰ります。

【昨日の一日一新】
トーマスランド
蓼科
女神湖

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。