携帯性に優れた1インチコンデジが手元に2つあるので比べてみました。

T20F3400

スポンサーリンク

RX100M3(SONY)とG9XMK2(canon)

スペック比較

主なスペック比較はこちら。

スクリーンショット 2018 07 07 10 31 09

1型CMOSセンサー搭載で
コンデジ(コンパクトデジカメ)
とはいえ写りはよく、
ある程度のボケ感も出せます。

USB充電やWi-Fi転送、
NFC転送、顔認識は
どちらもできます。

F値ではRX100M3に、
サイズではG9XMK2に
優位性があります。

実際のサイズ比較

では、実際にサイズのちがいを
見てみましょう。

T20F3393 T20F3397 T20F3398 T20F3399

縦横はほぼ同じですが、
厚さと重みがちがいます。

G9XMK2の方がペッタリと薄く、
重さも84グラム軽いので、
持ち運びやすさは圧倒的に
G9XMK2に軍配があがります。

単三乾電池と比べてみると、

T20F3406

いずれもコンパクトであることが
わかっていただけますかね。

オートで撮影した写真の比較

飲食店のカウンター(室内)

こうしたコンデジは、
しっかり設定をして撮る人、と
何も考えずにスマホのように撮る人が
いると思われます。

ちゃんと設定すれば
当然ある程度の撮れ高になります。

気になるのは、何も考えずに
ただシャッターを押すと
どうなるのか。

そこで、特に何も触らずに
ただオートで撮ってみました。

<RX100M3>

DSC01666 DSC01668

<G9XMK2>

IMG 0002 IMG 0004

RX100M3の方が
やや明るい写りとなりました。

カフェのテーブル席(室内)

<RX100M3>

DSC01670 DSC01671 DSC01672

<G9XMK2>

IMG 0006 IMG 0009 IMG 0012

やや暗い奥の座席で撮影しましたが、
AUTOで適当に撮っても
どちらもそこそこ写ります。

でも、こうして見てみると
ただAUTOで撮るだけなら
スマホのカメラで十分と
いう気になってきます。

今のスマホのAUTOでも
これくらいは普通に写る。

補足

絞り優先モードや
プログラムAEにすると
露出もISOもF値も
自分好みに設定できます。

さっきのカレー屋さんで
RX100M3を絞り優先モードで
設定を少しいじって
撮ってみるとこんな感じです。

DSC01667

以下、絞り優先モードにて。
そば屋さんの天ぷら定食を撮影。

<RX100M3>

DSC01681 DSC01682 DSC01680 DSC01677

スポンサーリンク

<G9XMK2>

IMG 0017 IMG 0018 IMG 0016 IMG 0013

それほど照明の明るくない店内でしたが
きちんと写すことができました。

操作性

RX100M3は、
ファンクションキーや
ホイールボタンで
設定を変えていきます。

が、G9XMK2は
ほぼ全てが
タッチパネル上で
行えます。

ですので、スマホからの
ステップアップとしては
G9XMK2の方が
入りやすいです。

逆にいろいろと設定して
きっちり撮りたい方は
RX100M3の方が
操作しやすいです。

また、RX100M3には
チルト液晶がありますが、
(後ろの液晶の角度が変わる)
G9XMK2にはそれがありません。

ローポジションから
上向きにあおり気味で
撮りたい場合などには
これがあるとめちゃ便利です。

小さな子どもを撮るときとかに
よく使う方も多いのでは。

まぁ、デジカメなんで
連写で撮りまくって
いいものだけを残す
という撮り方にすれば
チルト液晶はなくても
なんとかなります。

まとめ

正直なところ、
コンデジとしては
どちらも優秀です。

が、AUTOで旅の記録や
日常のスナップだけで、
しかもプリントせずに
SNSやPC上で見るだけなら
今はもうスマホで十分です。

ただし、F値(絞り)や露出などを
操作しながら撮るならば
スマホではやや心もとないです。

そして、プリントする際には
やはり画質の面でデジカメに
一日の長があります。

ただし、大きくて重い
一眼レフ機だと
持ち運ぶのに相応の
カメラ愛が必要ですし、
それなりに高価です。

持ち運びに負担をかけたくない、
でも暗いところや動き回る子どもなど
ハードな被写体を想定している、
撮った写真はプリントして
手元に残していきたい、
せっかくデジカメを買うなら
スマホよりも写りのいいものにしたい、
だけど一眼レフ機はちょっと、、、

こんな方にこそ
センサーサイズが1インチ
以上のコンデジがオススメです。

で、コンパクトで写りのいい
1インチコンデジの最右翼として
今回の2機種が挙げられます。

2018年7月10日現在、
価格ドットコムでの最安値を比べると

RX100M3:56,579円
G9XMK2:39,600円

と、G9XMK2の方が
16,979円も安いです。

Amazonだと

RX100M3:64,499円
G9XMK2:42,300円

その差なんと22,199円。

それに加えて、
G9XMK2の方が
コンパクトで軽く
持ち運びやすいので、
気軽に持ち歩いて
スナップを楽しむなら
G9XMK2が断然オススメ。

知らない間にコンデジにも
よい機種がぞくぞく
登場していますね。

*************************************************************

【編集後記】
これだけコンパクトで写りにも
妥協しないこのカメラは
一眼レフ機と比べると
撮る楽しさこそ少ないものの
日常の公園や旅先で
パシャパシャ撮影するには
もってこいのもの。
小さい、軽い、は
圧倒的正義です。

DSC01684

スマホよりも小さい。

【昨日の一日一新】
池田泉州銀行 三田支店
権現湖PA

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。