山を登ったその先には、大泉洋さんも駆けた寺院があります。

XT2G1173

スポンサーリンク

最もポピュラーなルート

書写山圓教寺(円教寺)には
ロープウェイが便利です。

が、ロープウェイを使わずとも
登る方法があります。

6つのルートを利用した登山です。

・東坂
・西坂
・置塩坂
・六角坂
・刀出坂
・鯰尾坂

この6つです。

この中で最もポピュラーなのが「東坂」です。

ルートも整備されていて、
地元の保育園や小学校の
遠足コースとしても人気です。

そんな人気のコースに
5歳になった息子を
連れていって大丈夫なのか、
心配症な親父が下見に行きました。

結論は「じゅうぶん安全に楽しめる」

では、どんなルートか写真と共に
紹介していきます。

東坂ルート

姫路駅からバスでアプローチする人は
「書写山ロープウェイ」で下車します。

車でアプローチする人も
ロープウェイ駅付近の
専用駐車場を利用する人が
多いです。
もみじ祭りのときなど、
ロープウェイのお客さんで
いっぱいになるときは
登山客が利用するのは
控えるべきでしょう。

さて、ロープウェイ乗り場に到着すると

XT2G1137

登山道地図が貼り出されています。

XT2G1134

おおよその所要時間は次のとおり。

XT2G1135

登りで思いのほか疲れたら
帰りはロープウェイという手も
使えるので安心感があります。

XT2G1136

ここにはきれいなトイレもあります。

XT2G1202

ちょうどロープウェイが出発したので
その姿を眺めてから歩き出します。

XT2G1141

こちらは緑色のボディです。

XT2G1142

すれちがうシーンが好きなんです。

XT2G1143

こちらは黄色いボディ。

XT2G1144

乗り場を出発するとすぐに
自動販売機があります。

XT2G1199

ここを逃すと登山道まで
自動販売機はありません。

つまり、登り切ったところにある
ロープウェイ山上駅までありません。

水分を持参し忘れた人は
ここで購入しておきましょう。

XT2G1197

東坂登山道の入り口までは
10分程度住宅地を歩きます。

が、道すがらには
案内が立てられているので
道間違いの心配は皆無です。

XT2G1139 XT2G1145 XT2G1146 XT2G1147

そんなこんなで登山道入り口に到着。
ここから登り始めます。

XT2G1148

まずはきちっと固められた
階段状の道を歩きます。

XT2G1149

『壱丁』

XT2G1150

山上駅で『十三丁』です。

どのあたりまで進んだのかの
おおよその目安になるので
ありがたいですね。

一丁を過ぎると、
階段がなくなって
やや勾配のついた土の道を
歩くようになります。

XT2G1152

『貳丁』

XT2G1153

ここを過ぎると、徐々に
岩を歩く感じの道になります。

XT2G1154

でも、階段状になっているし
段差も小さいので歩きやすいです。

XT2G1155 XT2G1156

『三丁』

XT2G1158

また固められた階段状の道が
あらわれました。

XT2G1159

『四丁』

XT2G1195

「らかん岩」

XT2G1160

『五丁』

XT2G1161

ここは少しひらけていて
播州平野がのぞめます。

XT2G1194

スポンサーリンク

休憩にもちょうどいい。

『六丁』

XT2G1164

このあたりに休憩小屋でも
あったんでしょうか。
今は何もありません。

ここから平坦な道になります。

XT2G1165

『七丁』

XT2G1166

また少し傾斜がつき始めますが
まだまだ歩きやすい道が続きます。

XT2G1167

『八丁』

XT2G1168

このあたりから、
岩場を歩くルートが登場します。

XT2G1169

といっても小学校低学年の子でも
ひょいひょいっと登れるくらいの
段差しかありません。
きっとこのルートでの遠足で
盛り上がるところです。

岩場だけに谷側に倒れると
そこそこの落差で頭を
打つ可能性もあるので
子どもを連れていく場合には
気をつけないといけません。

が、ちゃんと安心して歩かせる
ことができる迂回路があります。

XT2G1170

この迂回路を進むと
距離は伸びますが、
高低差がほぼない
なだらかな道なので
小さい子どもでも安心です。

XT2G1171

『九丁』

XT2G1172

ここも右側に迂回路があります。

XT2G1173

こっちの岩場ルートも楽しいです。

XT2G1174

『十丁』

XT2G1175

見上げると険しいルートですが、

XT2G1176

迂回路があります。

XT2G1177

迂回路の先から下を見下ろすと
ここも見晴らしがいい。

近所の子どもたちならきっと
自分の家とか探すでしょうね。

わたしは今でも姫路城の天守閣に登ると
自分の実家を探してしまいますし。。。

『十一丁』

XT2G1179

ここにあるのが「砥石坂」。

7歳から10年間圓教寺で暮らしたと
いわれている武蔵坊弁慶が
長刀をここで研いだという
言い伝えからのネーミングです。

XT2G1192

ここを登ると山上駅まであと200メートル。

XT2G1183

ただし、圓教寺まではまだ700メートルあります。

『十二丁』

XT2G1184

きれいに固められた道を
ラストスパートです。

『十三丁』
XT2G1185

ロープウェイ山上駅に到着。

XT2G1187

岡本太郎さんの書が石碑になっています。

XT2G1190

姫路近辺には岡本太郎作品が
数点あります。

<関連記事>

岡本太郎作品、姫路にもあるって知ってた??

ここから先に進むには
入山志納金(500円)が
かかります。

ここからまだ山中を歩くのが
山岳寺院である圓教寺の特徴。

摩尼殿までは20分ほど歩きますし、
メインの本堂や奥の院までは
さらに歩を進めないといけません。

歩くのが大変なら、ここで
特別志納金(1,000円)を
支払うことで、マイクロバスに
乗ることもできます。

どうかムリはなさらず。

5歳児でも登れる?

翌日、5歳になる長男を連れて
実際に登ってみました。

岩場は足が止まりがちだったので
迂回路を使って約40分ほどで
ロープウェイ山上駅に到着しました。

そこから摩尼殿や本堂、奥の院まで
80分ほどかけて見学しましたが
終盤でもしゃきしゃきと歩く姿を見て
わが子の成長を実感しました。

家族でハイキング、いいもんですね。

<関連記事>

書写山圓教寺まで歩いて登ろう 〜六角坂から登り、刀出坂から下る〜

*************************************************************

【編集後記】
家に帰ってきてからも
長男が「山登り楽しかった」と
言ってくれているので
コース選定はまちがって
いなかったようです。
この調子で近くの里山を一緒に歩いて
山の世界を一緒に楽しめたら最高です。

【週末の一日一新】
東坂ルート(下見)
家族で東坂ルート

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。