姫路で手軽に楽しめる初日の出スポットの紹介。

スポンサーリンク

男山配水池公園

男山配水池公園とは
姫路市山野井町にある
男山の山頂にある広場のこと。

スポンサーリンク

公園といっても遊具はなく
ただ花が植えてあるくらいの
ところです。

200段の階段があるので
登山練習には最適です。

さて、この配水池公園ですが
秋頃から来訪者が増えます。

多くの方のお目当ては
日の出と姫路城のツーショット。

<参考記事>

姫路城と日の出の絶好ビューポイント<男山配水池公園>

2019年の初日の出

平成最後の初日の出

こちら、一番混雑するのが
1月1日、元旦です。

この日はとても多くの人が
初日の出と姫路城のツーショットを
見るために山頂を目指します。

朝5時30分くらいに到着すると
すでにベストポジションには
三脚が立ち並び、スペースなし。

なんとか200段の階段を登って
すぐ脇にある公園の門構えの上に
タイプラプス用のRX100M3を配置し、
門構えの脇で日の出を待ちます。

XT2G1496

三脚も持ってあがりましたが
セットする場所がありません。

三脚を使いたい人は朝3時くらいには
登った方がよさそうです。

タイムラプスとは、数秒ごとにシャッターを
切った静止画をつなぎ合わせて作成する
動画のことです。

ある程度時間が経ってからふと画面を見ると、
充電ゲージがあと1メモリしかありません。

タイムラプス撮影をいったんストップして
いそいでモバイルバッテリーで
給電しながらのスタイルに切り替えます。

切り替えてからは
日の出が落ち着くまで
ほったらかしです。

撮れた動画がこちら。

<切替前>

<切替後>

雲の動きなど、長時間にわたって
変化を見たいときには
タイムラプスは有効ですね。

RX100M3にはタイムラプスは
標準装備されていません。

アプリを購入して追加しています。

撮影は現在のメイン機であるX-T2で行います。

タイムラプスを気にしつつ、
門構えの脇で知らないおばさんと
談笑しながら待ちます。

で、6時を過ぎたころから
三脚だけ立っていた場所に
人が戻ってきます。

どうやら別スポットで
月の撮影をしていたらしい。

知らずにその場所にいた人が
追いやられていきます。
かわいそうに・・・。

Professionalとかいう
ストラップの人も要るけど、
混雑することがわかっているところで
三脚だけ置いて場所取りするって
マナーとしてどうなんでしょう?
気分のいいものではありません。
せめて本人がちゃんと滞在するとかが
あるべき姿だと思います。

さてさて、そんなことを考えていると
空が明るくなってきました。

<6:36>

XT2G1489

(XF16-55mm、32mm)

<6:57>

XT2G1501

(XF16-55mm、47mm)

<7:01>

XT2G1503

(XF16-55mm、55mm)

<7:04>

XT2G1508 1 2

(XF16-55mm、55mm)

<7:07>

XT2G1512 1 2

(XF16-55mm、55mm)

<7:15>

XT2G1519 1

(XF55-200mm、82mm)

日が昇り始めてからは
あっという間ですね。

混雑必至、子連れはNG

こちらでの初日の出、ものすごい人出です。

日の出直前には、広場から溢れた人が
階段の上部20段くらいまで溢れていました。

おそらく1,000人近くいたでしょう。

こんな状態です。

XT2G1513 1

階段は非常に急角度ですし、
つまづいたりしたら大惨事です。

また、上の広場もまともに歩くことが
できないくらいの混雑です。

とてもじゃないですが、
小さいお子さんを連れて
訪れることができる状態では
ありませんでした。

男山配水池公園からの日の出

普段から足繁く通っています。

そこで出会った日の出の画像です。

〜2017年12月15日〜

T20F0850

(X-T20、XF23mm)

〜2018年1月15日〜

T20F1091

(X-T20、XF50mm)

DP0Q0556

(SIGMA dp0quattro)

DP0Q0561

(SIGMA dp0quattro)

〜2018年12月11日〜

XT2G1271 1

(X-T2、XF16-55mm、18mm)

XT2G1295 1

(X-T2、XF16-55mm、44mm)

XT2G1311 1

(X-T2、XF16-55mm、20mm)

*************************************************************

【編集後記】
記事中にあるタイムラプス用に
使用したミニ三脚はLeofotoの
「MT-03+MTB-19」というモデル。
コンパクトで、かつ、剛性が高い、
すばらしいミニ三脚です。
X-T2とXF16-55mmという
ヘビーな組み合わせでも
しっかりと支えてくれます。

【昨日の一日一新】
水正池

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。