姫路城をいろんな時間帯、角度から愛でた私がオススメのスポットを紹介。

XT2G0598 1

スポンサーリンク

姫路城外周(無料ゾーン)

日ごろからよく姫路城の写真を撮っています。

ただ、時間帯が早朝や夕暮れ時ということもあり、
ふだん撮影するのは無料ゾーン。

なぜなら、姫路城の有料ゾーンは
9時から17時までです。
(16時までに入城が必要、17時閉門)

4月27日から8月31日までは
1時間延長されます。
(17時まで入城可能、18時閉門)

ですので、早朝の朝日や夕暮れ時に
姫路城を撮影するなら
外周の無料エリアから
撮るしかありません。

いつもは来城者でごった返す
大手門に繋がる橋も
夜明け前ならしっとり。

XT2G0390 1

早朝に朝日を浴びる姿を撮影するなら
東側美術館横からがベスト。

XT2G0503 1

ただし、今は帯郭櫓(腹切丸)が
改修工事のため、広角にすると
左側に工事の足場が写りこみます。

XT2G0496 1

そのため、2018年秋時点では
構図が限定されます。

夕焼けの空にも映えます。

T20F3641 1

また、早朝にお城の正面、三の丸広場から
撮影するのも悪くはありません。

T20F3665 T20F0209

ただ、立体感に乏しく、
わたしが撮ってみるかぎり
貼りぼて感が否めない。。。

ここから上手に撮る方法が知りたいです。

また、入場ゲートのやや手前左手にある
階段の中腹からも人気の構図です。

XT2G0517

こちらは夜間もアクセスできるので、
ライトアップが完全に消える0時以降には
長時間露光なども可能です。

T20F1711 2

あとは、護国神社の裏とか、

T20F1686 T20F1691

冬場になればわたしが
登山トレーニングをしている
男山配水池公園の上も
日の出とお城がのぞめて
お金のかからない撮影スポットです。

T20F1089 DP0Q0571

しかし、昼間に太陽の下で
真っ白に羽ばたく姫路城の
美しい姿を拝むなら
お金を払って入城するエリアには
とうていかないません。

そこには、外周からではのぞめない
美しい姿があります。

では、入城していきましょう。

有料ゾーンにGO

入場後、菱の門(最初の門)をくぐると、
右手に天守閣がそびえ立ちます。

手前には三国堀があり、
すばらしい景観です。

XT2G0525 1

スポンサーリンク

XT2G0530 1

ここで、直進すれば天守閣に
向かうことができるのですが、
進むべきは左手手前にある坂道。
「西の丸」へのアプローチです。

おそらく、半数以上の方が
「まずは天守閣を」と
直進されています。

天守閣はそれなりに体力を消耗するので、
降りてきたころにはエネルギー切れで
そのまま西の丸庭園を見ることなく
帰ってしまう方も多そうです。

でも、それはもったいない。

西の丸庭園を取り囲む百間廊下を
歩く体験はオススメですし、
廊下の出口から天守閣入り口ヘは
引き返すことなく繋がっています。

そしてなにより、
姫路城が最も美しく見えるのは、
この西の丸庭園からなんです。

まず、庭園にあがってすぐ
後ろを振り返るとドン。

XT2G0540 1

庭園越しに美しい姿を
おがむことができます。

XT2G0547

西の丸には百間廊下という
回廊があるので、
くつを脱いで手に持って
その廊下を歩きます。

XT2G0559

そして、この廊下を抜けた後、
西の丸から天守閣に向かう下り坂から
のぞむ姫路城がたいへん美しい。

<11:38>

XT2G0566 1

<12:44>

XT2G0597 1 XT2G0599 1

12時を過ぎると、影が少なくなり、
より白さが際立ちます。

ここから天守閣に向かうと
「ろの門」のうえに出てきます。

この「ろの門」を超えたところになるのが
007のワンシーンに使われた坂道に。

XT2G0577 1

誰もいない状況になるのに
5分以上待機しましたが
なんとか撮ることができました。

そして、天守閣を降りてきて
真下から仰ぎ見た姫路城。

XT2G0583 1

天守閣からの眺望もステキなので
ぜひお越しください。

ただし、天守閣へと続く階段は
階を増すごとに急になっていきます。

幼児を連れていく場合には
最後の3フロアくらいは
抱っこすることになると
思われますこと、
ご留意ください。

最後に

今日のブログは思いっきり
姫路の観光宣伝です。
澄んだ空気になる晩秋からは
青空を背景にとくに
お城がキレイに映えます。
温かい格好をして
ぜひ遊びに来てください。

*************************************************************

【編集後記】
朝一で閑谷学校に
いってきました。
去年訪れたときは
すでに見頃を過ぎて
残念でしたが、
今年はバッチリの
タイミングでした。

【昨日の一日一新】
マチカフェのクッキー

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。