こちらは手作業の極みですが、、、

T205095

スポンサーリンク

Windowsが起動せず

それは突然やってきました。

スポンサーリンク

昨日、Macでブログを書いて
そのままParallelsに載せた
Windowsを起動させたところ
「容量不足につき領域を解放」と
いったような警告が出ました。

そして、指示にしたがって
不必要なファイルを削除し、
起動を試みたところフリーズ。

そして、いったんストップして
再度立ち上げようとすると
「致命的なエラーが〜〜」と
いう不穏な警告が出てきて
その後はいっさい立ち上がらず。

いつもならここで大慌てして
ググったりするのですが、
同様の経験が一度あります。

そして、そのときに救ってくれた
ツールを今も継続しています。

MacのTimeMachine機能です。

外付けHDDに定期的にバックアップを
とってくれるというありがたい機能。

今回も今朝のWindows10を載せ替えれば
うまくいくはず。で、うまくいきました。

ググらなかったけど、
前回もお世話になった京都の税理士、
佐竹さんのブログ記事は
ガン見しましたけどね。

MacのWindowsが立ち上がらない。Parallels DesktopのWindowsのバックアップは超重要。

佐竹さん、ありがとうございます。
この記事にふたたび救われました。

自動バックアップの存在

今回のトラブルは2つのことに救われました。

・過去の経験(と佐竹さんの記事)
・TimeMachineによるバックアップデータ

バックアップというのはとかく面倒な作業で
手作業で行うとなるとついつい忘れがちです。

そもそも手作業でカバーするのは困難で
トラブルに直面した直後こそできますが
時の経過とともにその冷や汗は忘れ去り
バックアップを取るということも
忘れてしまいます。

その結果、必要なときにずいぶん前のデータしか
バックアップがないということが起こりがちです。

バックアップこそ自動化にこだわりたいです。

dropboxをバックアップとして
利用する人も多いと思いますが、
わたしはメインフォルダとして
活用しています。

そこで管理するファイルは
クラウド上で保管されることになり、
PCのSSD(HDD)自体が破損しても、
もしくはPC自体が破損しても
問題のない状態を作っています。

バックアップは知らないうちにされている

のが理想だと考えています。

「写真」のライブラリにご用心

Macには「写真」という
アプリケーションがあります。

MacのSSD内に保存された写真を
閲覧・管理することができます。

空き容量不足を感じていたので
数日前に写真をかなり削除しました。

しかし、ストレージを確認すると
写真データがまったく減っていません。

「ゴミ箱」を見ても空っぽだし
どういうことだと思いつつ、
放置していました。

そのうち空き容量が増えて
快適に使えるだろうと思っていたら
今回のトラブルです。

実は「写真」のライブラリの中に
「最近削除した項目」があり
削除したファイルはここで
30日間保管されます。

これも一種のバックアップですね。
まちがって削除したものは
ここから「復元」できます。

そして、ここで「完全に削除」しないと
30日間は容量を解放できません。

これも前に何かで確認した記憶が
かすかにはあるのですが
今回のトラブル前に思い出さなかったと
いうことはなさけない話です。

ここに備忘録として書きとめて
記憶への定着を図ります。

*************************************************************

【編集後記】
一気に暑くなってきましたね。
今年の夏は昨年ほどは
猛暑日が続かないという
予報だそうです。
それを信じたい。
もう50度近いコート上で
テニスするのとかいやです。

【昨日の一日一新】
KOIKEYA PRIDE POTATO

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。