自分にとっての最適は必ずしも相手の最適ではないという話。

T20F4949

スポンサーリンク

出納帳とは

会計の世界には『現金出納帳』という
帳簿が存在します。

スポンサーリンク

使うも使わないも経営者次第ですが、
日々の現金の動き(残高)を把握する上で
作成することをおすすめしています。

最も効率的なのは、会計ソフトに
直接データ入力していくこと。

市販されているソフトの大半に
この『現金出納帳』はあります。

そこに直接日々の現金の出入りを
データ入力していけば、そこで日々の
現金の動きと残高を確認できるうえに
それが会計データ入力となります。

『現金出納帳』を手書きノートや
Excelで別途作成していれば
そこから会計データを再度
入力しないといけなくなります。

それは二度手間なので推奨していません。

会社には会社のルールがある

しかし、会社にはそれぞれ
慣習やルールがあります。

「こちらの方が効率いいですよ」と
いうことをご説明したうえで、
それでも『現金出納帳』を
別途作成されるという場合には、
せめて手書きではなく
Excelでの作成をお願いしています。

このときには、
「自分がもしExcelで『現金出納帳』を
作成するとしたらこうするだろうな」と
いうことに強くこだわりすぎずに、
わたしとクライアントの双方にとって
メリットのあるものを渡すように
心がけています。

例えば、

・月ごとにシートを分ける

という形式をわたしなら選択しません。

一枚にまとまっている方が
データ活用としては何かと便利です。

が、ある卸売業のお客様では、
僅少ながら窓口での現金販売があり、
その現金販売額を日々把握するのに
現金出納帳でできないか、という
依頼がありました。

このときに、テーブル機能を使えば
月ごとに分けずに一枚のシートで完結させても、
該当月と科目を絞り込んでしまえば
月ごとの売上を把握することができます。

しかし、先方にはそれを行うスキルが
ある方ばかりではありません。

そこで、打ち合わせの結果、
月ごとに分けたうえで
SUMIF関数で集計する方式を
希望されました。

ですので、その会社に
提供させていただいている
『現金出納帳』は
月ごとにシートを分けたうえで
SUMIF関数のセットがされたものに
なっています。

求められているもの

こうやればいいのでは、という形はあります。

そして、それをまずはおすすめします。

しかし、それが先方の琴線に触れなかった場合、
その方式は先方にとって価値の高いものとは
いえません。

こちらとしては最適解だと思うものでも
先方にとっては自身の知識の範囲内で
わかりやすいものを希望されるということが
やはりあります。

そのときは、先方のニーズに応えられるものを
用意して、担当者が変更になった際などに
再度ご案内するようにしています。

そして、いただいたExcelでの『現金出納帳』の
各月データを別途わたしにとっての最適解である
テーブル機能を使った『現金出納帳』にコピペして
手元データとして蓄積することも行っています。

いずれはこの形式を採用いただけることを願いつつ。

*************************************************************

【編集後記】
長年採用してきた技術が
一定レベルには来たものの
そこから先に伸びる気配も
自信もなく、悩んでいました。
そこで、さらなる成長のために
その技術を捨てて別の道で
成長を目指すことに決めました。

両手バックやめて片手バックにした、
テニスの話です。
土曜日の朝にさっそく
球出しで100球ほど。
身近に達人がいて常に見ているのと
フェデラーを見続けているからか
思いのほかスムーズに移行できています。

【週末の一日一新】
チータンの館
化石発掘体験

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。