完全に趣味のテニスになってしまっている自分への戒めも込めて。

DSC01955

スポンサーリンク

2つの戦略

攻撃の2大戦略

アマチュアテニスは自分のエースよりも
相手のミスで得るポイントの方が多い。

ただし、趣味を楽しむ要素として
自分のエースを狙いたいところである。

1球でエースを取れるなら
それを打ち込めばいいのだが、
それはなかなかうまくいかない。

それができるのは一部の
上位パワーヒッターだけである。

積極的に相手を攻めたてて
こちらの戦略にはめて
そう速くないボールで
エースを量産する。

これができれば
こちらのミスのリスクも
減らすことができる。

そう、勝利に繋がるのである。

そのために必要な戦略は2つ。

① 相手を大きく動かす
② 相手の時間を奪う

①の「相手を大きく動かす」は
ラリーで相手を左右に
走らせるのが基本だが、
ときにドロップショットなどで
前後に揺さぶりをかけることも
また有効な選択である。

②の「相手の時間を奪う」は
相手がボールを打ってから
ボールが返ってくるまでの
時間を短くする、という意。

“スピードボールで返す”以外にも
“ネットに詰めてボレーする”とか
“ライジング(跳ね上がりを打つ)で
返す”ことがその選択肢としてある。

守備はかたくなに

一方、守備をするときの基本は
相手を優位に立たせないことである。

つまり、相手に自由を与えて
上述のような戦略を行使されると
こちらはたちまち無手の状況に
陥ってしまう。

それを避けるためには
そう簡単に相手に主導権を
握られないボールを返すことが
守備の際に最も重視すべきことである。

スピンの効いたボールを
あえて山なりで返球することで
こちらが体勢を立て直す時間をつくり、
それが相手の足元に返球できれば
相手からしたらコントロールしづらい
状況になる。

逆に、そこそこのスピードで
コートの中心あたりに返してしまうのは
相手からしたら“あとは決めるだけ”という
ごちそうをプレゼントしてしまうことになる。

これだけは避けなければならない。

また、エース級のボールを返そうとして
相手コートに返球できずにひたすら
失点することは最も避けなければならない。

テニスは相手コートに
ボールがおさまらなければ
どんなに球速が速くても
まったく意味のないスポーツである。

強くなるための練習

ここまでの前提を整理して
強くなるための練習に繋げたい。

スポンサーリンク

それは、相手に走らされたときに
しっかりと返球してイーブンに
戻す意識とテクニックの習得である。

そして、相手を走らせるショットと
相手の時間を奪うショットの練習も
また不可欠である。

基礎練習のあとにこうしたプログラムを
組み込むことではじめて、
強くなるための練習といえるのである。

基礎練習、ゲーム、の繰り返しでは
趣味としての楽しいテニスでしかなく
強くなる楽しみが欠落しがちである。

これはまさに自戒を込めた記事である。

最後に

ここまではシングルスの話。

わたしは今、シングルスをしておらず、
ダブルスだけをプレーする。

となると、ダブルスにおける戦略分析が
必要になるわけだが、基本的には
「相手を大きく動かす」ことと
「相手の時間を奪う」ことが
やはり重要であると考えられる。

しかし、一人が半面を守るゲームなので、
その中で相手を大きく動かすには
より角度の突いたショットを
打たなければならないし、
二人の間を抜くようなスピードボールも
ときには必要になってくる。

そしてなにより、中途半端な高さで
ネットを超えるような返球をすると
それはすべて相手前衛に
ひっぱたかれるおそれがある。

シングルスだと有効なディフェンスショットが
ダブルスだとカモにされてしまうのである。

このあたり、ダブルスのスペシャリストでもある
コーチにあれこれ聞いてみないとわからぬ。

強者の見る景色をわたしはまだ知らない。

*************************************************************

【編集後記】
この連休は休養にあてました。
おかげで今週は今日から
始動できています。
昨日は朝にEテレで
「カマキリ先生」が。
テーマはハンミョウ。
美しい昆虫です。

最近虫捕りに目覚めた長男には
先日公園で捕まえて見せたのですが
どうしても捕まえたいというので
昨日はとっておきのスポットに
連れていきました。
結果、3匹捕獲。
「一泊二日だけ」という約束で
わが家に持ち帰っています。

それにしても、ハンミョウは美しい。

【昨日の一日一新】
息子とハンミョウハンティング
ブリランテ ピスタチオのジェラート

【今朝の登山トレーニング】
療養中につき休止

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。