計算過程をサボると合格できないよ、という話です。

XT2G0460 1

スポンサーリンク

合否の決め手

20代にもなると、文章理解力などには
それなりに個人差が出てきます。

それは、これまでの人生における
読書量だったり勉強量に左右されます。

その結果、税理士試験チャレンジにおいても
飲み込みのスピードには差があります。

これは仕方ありません。

しかし、税理士試験は例年
10〜12%程度が合格する
競争試験です。

その競争に勝ち抜くという点では
個人能力の差は絶対的なものではなく
たとえそうした能力が劣っていても
それを補って勝利することは可能です。

同じ勉強量で勝負する試験ではないからです。

逆にいえば、個人能力で勝っていても
時間を捻出することができなければ
能力で劣っている人に後塵を拝する
可能性も十分にあります。

合否の決め手は個人能力ではなく

『個人能力』×『勉強量』

によります。

勉強量を増やすには

合格に必要な要素は
『個人能力』と『勉強量』です。

残念ながら、『個人能力』は
やってすぐ効果があがるものでは
ありません。

これまでの人生の過ごし方と
今後の日々の生活の中で
培っていくものです。

そこで、ひとまず今度の試験で
合格する可能性を高めるためには
『勉強量』を増やすことが
現実的な攻略ポイントです。

『勉強量』というのは
勉強時間と勉強の質の
掛け合わせです。

『勉強量』=『勉強時間』×『勉強の質』

『勉強量』を増やすために
まず検討すべきは
“勉強時間の確保”です。

一日は平等に24時間しかありません。

それをどう使うかは自分次第。

野球を観たい、
飲みに行きたい、
テニスしたい、
仕事で残業したい、

どれも自分の意思決定です。

スポンサーリンク

こうした意思決定をすると
それだけ勉強時間が削られます。

その分を『勉強の質』や
『個人能力』で補えれば
勝負できますが、
補えなかったら敗北です。

勉強の質をあげるためにこだわること

ここまでの話をまとめると、
合否の決め手の算式は

『個人能力』×『勉強時間』×『勉強の質』

ということになります。

では、『勉強の質』を高めるためには
どうしたらいいのか?

そこにはさまざまなアプローチが
ありますが、最も単純なのは
「模範解答どおりの答案を再現できる」
状態になることです。

その状態になった上で、
必要がないと判断する箇所を
省略していくことは
大いに賛成しますが、
それができないうちから
どんどん省略することは
ただのサボりです。

サボってしまったら合格は遠のきます。

だから、強調したいのは、

計算過程欄をサボらないように」ということ。

11月に入ると仕入税額控除の話が
いっそう深みに入っていくので
タイトルや番号振り分けなどが
ぐちゃぐちゃになりがちです。

ここを丁寧におさえ続ける人と
省略して(サボって)しまう人では
そのあとの成績に大きな差が生まれます。

それは合格の可能性の差です。

試験合格を目指すなら、計算過程は
サボらずにきちんとおさえましょう。

*************************************************************

【編集後記】
日曜日から火曜日まで
長崎県対馬へ出張です。
子どもたちと会えないのは
さびしいですが、
訪問したことのない地域なので
楽しみでもあります。

【昨日の一日一新】
火薬鉄砲(ダイソー)

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。