カレー探訪、第54弾です。

DSC04328

スポンサーリンク

1990年代の灘区を彩ったお店が元町に

今回訪れたのは、神戸市中央区の『レードル』さんです。

最寄り駅は地下鉄みなと元町駅。
JRでいうと、元町駅と神戸駅の間に位置します。

元々神戸市灘区の六甲道駅近くで営まれていましたが、
センタープラザや王子公園界隈を経て
こちらに移転してきたそうです。

その六甲道にあった店というのが、神大生の間で有名でした。

訪れたことはなくても、記憶に残る店。
それは、、、こんな外観だったからです。

スクリーンショット 2015 11 25 7 29 52

(店を閉められたのちに自転車屋さんが入っているとか)

横の家や店舗を見ればわかるように道路は平らです。
お店が傾いた外観だったのです。

姫路という地方都市から出てきた当時18歳の石田少年は、
なんとも変わった建物があるなぁと驚いたものです。

そんなお店をされていたマスターが今は元町でお店をされています。

こちらのお店はカレー専門店ではなく、洋食屋さんです。

ただし、カレーにも相当のこだわりがあり、お昼時は
カレーを求めるサラリーマンで満席になると聞いて、
事務所から自転車漕いで行ってきました。

DSC04324

お店は地下にあります。立て看板奥の階段を降りるとすぐに。

DSC04325

メニューはこんな感じです。

スポンサーリンク

DSC04326

座席はカウンターです。この日は12時前で一番乗り。

DSC04327

甘い、辛いが絶妙のバランス

ハンバーグも美味しいらしいのですが、
ここは好物のナスが入ったキーマカレーで。

DSC04330

横から

DSC04329

アップで

DSC04334

サラダも充実しています

DSC04333

こちらのカレーは最初は甘く食べ進むのですが、
3口目くらいからピリピリとスパイスが主張してきて、
口の中がふんわりとした辛みで満たされます。

ビシビシ辛いスパイスたっぷりのアジア系カレーが好きな方には
物足りないかもしれません。

こちらのカレーは洋食屋さんの正統派カレー、
日本人の味覚に無理なくマッチするやさしい味わいです。

食事を終えてお店を出ると、ビルの合間から
ポートタワーを臨むことができました。

DSC04335

==============================

【編集後記】
ZAZの歌声を聞いて5日が経ちますが、
目を閉じると今でもあの歌声が響いてきます。
あらためて、素晴らしい歌い手だな、と。

【昨日の一日一新】
MFクラウドマイナンバー

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。