カレー探訪、第125弾です。

DSC09577

スポンサーリンク

 


[br num=”1″]

[br num=”1″]

 週1から週6へ

今回ご紹介するのは

大阪市中央区にある

『金剛石』さんです。

DSC09573

 

今はもうないらしいですが、

「鉄板ミコノス」というバルが

大阪心斎橋にありました。

 

そこの店長さんが週に一度、

日曜日だけ、その店を使って

「カリケンミコノス」という

カレーオンリーでの営業を

されていました。

 

評判はよく聞いていました。

多くのカレーファンが足繁く通い、

日曜昼に長蛇の列ができるとか・・・。

 

いつか訪れたいなと思いつつ、

日曜は家族で過ごす日なので

そのタイミングを失っていました。

 

そんな矢先、「カリケンミコノス」

閉店の一報。

 

悲しみに暮れていると、

元「カリケンミコノス」店主が

「定食堂 金剛石」をOPENとの一報。

 

悲しみがぐるっと一周して

喜びに変わった瞬間。

 

コレを逃してはいかん、ということで、

訪問先の新大阪から姫路まで、

JR一本で帰れるところを

地下鉄を乗り継いで

行ってきました。

 

最寄り駅は地下鉄鶴見緑地線松屋町という、

ややへんぴな場所にあります。

 

谷町六丁目駅から空堀商店街の中を

西に進んでいくのがオススメ。

 

途中でGREENさんという

美味しいパン屋さんもあります(^^)

 

さて、こちらのお店は、

定食とカレーの2択です。

DSC09576

 

昼も夜も通しのメニューだそうです。

 

魯肉飯(豚の角煮ごはん)に

パリップ(レンズ豆カレー)、

それに副菜がいくつかセットに

なっている定食か、

カレープレートから選びます。

この日は、黒板のポーク以外に

チキンもあります、とのこと。

ここはカレーの定番、チキンを

いただくことにします。

 

どストライクの一皿

DSC09575

 

5分ほどで登場です。

DSC09577

 

▼チキン

DSC09578

スポンサーリンク

 

スプーンで少し力を入れると

ほろりと崩れる柔らかさ。

辛さがビシビシということは

ないのですが、

スパイスの香りがしっかりと

ついています。

好きなタイプです。

 

▼パリップ

DSC09579

 

レンズ豆のカレーです。

スリランカスタイルの定番。

チキンとの混合を待ちます。

 

▼いろいろサンボーラ

DSC09580

 

うん、美味いです。

 

▼煮たまご(追加)

DSC09581

 

 

まずはチキンカレーのみでいただき、

サンボーラ(副菜)とごはんでも

いただきます。

 

そしていよいよ、、、メインはこれでしょう。

DSC09586

 

豪快に混ぜ合わせながら

一気にいただきます!

 

チキンのオイリーさが秀逸で、

単品でも激旨ですし、

さらにパリップやサンボーラなどと

混ぜ合わさってからもまた格別でした。

 

魯肉パリップ飯も気になるのですが、

きっと次もカレーを頼んでしまいそう。。。

 

願わくば、近所にあってほしい至高の一店です。

 

DSC09574

 

[br num=”1″]
[br num=”1″]

*************************************************************

【編集後記】
今日は久々に雨が降らなかった水曜日。
中止続きだったテニスのレッスンがあり、
とても実のある練習ができました。
やっぱり、上のレベルの人と一緒に
コートに立つと学ぶところが多いです。
どの環境に身を置くか、大切ですね。

【昨日の一日一新】
ブラジル ショコラ(コーヒー豆)

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。